経営戦略 マーケティング 用語集

3C分析とは-市場(顧客)・競合・自社の分析

1.  3C分析とは

3C分析とは、事業を行う上で最低限関わりがある要素を分析するためのフレームワークです。

具体的には、「市場(顧客)(Customer)」「競合(Competitor)」「自社(Company)」のことであり、これらの頭文字をとって3Cと呼ばれています。

3C分析の主な目的は、その事業環境におけるKSF(Key Success Factor: 重要成功要因)を導き出すことです。

3C分析は、場合によっては「流通チャネル(Channel)」を加えた4C分析とすることや、「アライアンスパートナー(提携パートナー:Co-operator)」を加えた4C分析とすることもありますが、分析の目的は同じです。

2.  3C分析の概要

3Cの要素のうち、外部環境の分析となるのが、市場(顧客)(Customer)と競合(Competitor)であり、内部環境の分析となるのが、自社(Company)です。

このように、外部環境と内部環境の視点をもれなくおさえることができます。

この3つの要素について、具体的には次のような項目を分析します。

2.1   市場(顧客)分析 (Customer)

自社にとっての顧客や対象となる市場について分析します。

具体的には次のような項目です。

市場規模(潜在的な顧客の数、地域分布など)、ニーズ、成長性、

購買決定にあたってのプロセス(購買要因、情報収集のしかた、検討期間、購買の行動の特徴など)、

購買決定者(意思決定を行うのは誰か、購買にあたって誰の意見が重要視されるか、など)

2.2   競合分析 (Competitor)

競合他社や競争の状況について分析します。

競合他社からどのようにして市場や顧客を獲得するか、もしくは守るかという観点で分析を行います。

競合他社と自社を比較することは、自社の強みや弱みの分析を行う際にも非常に有効です。

具体的には次のような項目です。

  • 競合他社の数と質(寡占度)、業界への参入障壁
  • 競合他社の戦略、経営資源、業績(売上高、利益、市場シェア、顧客数など)、構造上の強みと弱み(営業人員の数、生産能力など)

市場(顧客)分析と競合分析の結果から、市場におけるKSFを導き出します。

2.3   自社分析 (Company)

自社における企業活動や保有する経営資源について分析します。

付加価値を創出している活動やコストを変動させる要因(コストドライバー)を検討します。

具体的には次のような項目です。

  • 売上高、利益、市場シェア、技術、人的資源、ブランド・イメージなど

これらの分析とKSFとを比べて、自社の強みとの整合性やギャップを認識することで、自社にとって望ましい戦略の方向性を考察します。

競合分析や自社分析を行う際には、バリューチェーン分析やVRIO分析の手法を用いることが多いです。

3.  まとめ

3C分析とは、事業を行う上で最低限関わりがある要素を分析するためのフレームワークです。

具体的には、「市場(顧客)(Customer)」「競合(Competitor)」「自社(Company)」のことであり、これらの頭文字をとって3Cと呼ばれています。

3C分析の主な目的は、その事業環境におけるKSF(Key Success Factor: 重要成功要因)を導き出すことです。

-経営戦略, マーケティング, 用語集
-,